もの忘れ外来

「最近どうも忘れっぽい…」「同じ事を何度も言ったり聞いたりする…」
 高齢社会になり、認知症の方が激増しています。
ご自身、あるいは身内の方で「もの忘れ」が気になる方は気兼ねなく受診してください。

もの忘れの原因を調べます

1.脳神経外科の病気がないかどうか
正常圧水頭症、脳梗塞、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫など…
これらは脳MRI検査を受けていただくとわかります。

2.認知症によるもの忘れかどうか
認知症にもアルツハイマー病、レビー小体病、などいろいろな分類があります。
脳MRIの中でも専門的な検査(VSRAD)や脳血流検査(SPECT)などの画像診断を行って診断します。診断後、病状によっては、他院(精神科・神経科)などに、ご紹介させていただく場合があります。

もの忘れの程度も調べます

まずは簡単な記憶障害の検査(ミニ・メンタル・テスト)をします。
さらに必要に応じて複雑な高次脳機能検査も行います。

必ずご家族の方と一緒に受診してください。

他の病院でもらっている薬があったら、薬、あるいはお薬手帳、
 または薬剤情報書などを持参してください。

月曜日~金曜日の外来受付時間内にお越し下さい。
 (只し、水曜日は午後の受付になります)


ご不明な点については下記へお問い合わせください。
お申し込み・お問い合わせ TEL.011-731-2321(代表)